サンゴ礁
 

自由集会

第22回大会は,無事に終了いたしました。
ご参加下さいましてありがとうございました。

自由集会/Mini-workshop ① サンゴの分類を学ぶ

日時: 2019年11月9日(土曜日) 18:30~20:30
会場:北海道大学理学部5号館2階 5-201室
オーガナイザー: 深見裕伸(宮崎大学)・野中正法(沖縄美ら島財団)

 最近10年の間に慣れ親しんでいたイシサンゴ目の分類体系が劇的に変化した。その影響もあり,いくつかの種については,どの和名や学名を使用すればよいのかわからないという問題も発生している。これらの結果として,基盤知識となるべき分類学が研究者に忌避されているという状況である。そこで,イシサンゴ類も含めた動物分類学を身近に感じてもらうことを目的として本自由集会を企画した。まず動物分類学の基礎的な知識を知ってもらうことから始め,イシサンゴ目を含めたサンゴ全般の分類の最近の変更点や問題点ついて発表を行う。また当学会の保全委員会内で活動している分類ワーキンググループの成果についても発表する。

自由集会/Mini-workshop ② 喜界島サンゴロジー

日時: 2019年11月9日(土曜日) 18:30~20:30
会場:北海道大学理学部5号館2階 5-206室
オーガナイザー: 山崎敦子 (喜界島サンゴ礁科学研究所)

 サンゴ礁は研究分野の多様性の高いフィールドであり,サンゴ礁科学は多様な視点から複雑系に挑むサイエンスである。これを”サンゴロジー(Coralogy)”と表現する。喜界島サンゴ礁科学研究所はサンゴロジーを進める拠点となるよう設立され,5年が経った。研究はもちろんのこと,サンゴ礁を通じた教育,喜界島の発展に寄与する拠点に成長している。本集会ではユニークなサンゴ礁段丘と現生サンゴ礁生態系を有する喜界島を舞台に,サンゴ礁科学を発展させるための今後を議論する。

募集期間

締め切りました 8月19日(月)10:00~9月8日(金)17:00

概要

 1集会90分以内で、自由に企画いただけます。採択された集会に対して、大会実行委員会が場所を提供いたします。企画者は学会員に限りますが、参加者および発表者に制限はありません。

日時:11月9日(土)18:00 ~ 19:30

会場:それぞれ30名程度の講義室4会場程度
   (※プロジェクタ・スクリーン使用可)

申し込み方法

 開催を希望される方は、下記の内容について、2019年9月20日(金) 17:00までに大会事務局へEメール(jcrstaikai@gmail.com)にて直接お申込み下さい。メールの件名に「JCRS自由集会」と明記し、主催者氏名、所属、および集会のタイトルと概要(和文:300字以内/英文:150 words以内)および主な発表予定者氏名と所属について、申込段階で分かる範囲でお伝えください。必須ではありませんが可能なかぎり英文併記をお願いいたします。

本文内容:①自由集会企画名、②オーガナイザー(氏名・所属・連絡先)、③概要(100字程度)

※締切時点に詳細が確定していない場合でも、確定している範囲の情報を記載してお申込み下さい。
※申し込みに際し、要望等ございましたら、本文中に記載してください。

 
 
PageTop