サンゴ礁イラスト
 

公開シンポジウム

一般公開シンポジウム(参加無料)

 「サンゴ礁に暮らす魚たち~サンゴが減ると魚も減る?(仮題)」

 日時:2022年11月13日(日曜日) 9時00分~12時30分

 会場:石垣市民会館中ホール

 主催:一般社団法人日本サンゴ礁学会

 後援:準備中

 シンポジウムの趣旨: 沖縄県では1998年に大規模なサンゴの白化が起こり,サンゴ礁生態系に大きな影響を与えた。サンゴ白化後のガレ場には藻類が繁茂するため,藻類食魚類の増加を促すことが予想される。沖縄県水産海洋技術センターの漁獲統計でも,1998年の白化の数年~7年後に藻食魚(ブダイ科・ニザダイ科・アイゴ科・イスズミ科)の漁獲量が一時的に増加している(太田ら,2016)。このような漁獲量の短期的増減は,資源量の増減を反映しているわけではなく,周辺海域に生息する個体の集合や離散が原因であると考えられる。一方で,サンゴを餌などとして直接利用する生物の増減により,間接的な影響を受ける漁獲対象魚種・資源も存在すると考えられる。このようなサンゴの減少が生態系に与える影響について,特に水産魚種に焦点を当てて既往の知見を整理し,その増減機構を解明するための課題について議論する。

 演題・講演者
  中村崇(琉球大学)
  秋田雄一(沖縄県)
  太田格(沖縄県)
  今井秀行(琉球大学)
  下瀬環(水産機構)
  名波敦(水産機構)

 
 
PageTop