サンゴ礁イラスト
 

発表者・参加者の方へ

第24回大会(オンライン開催)は,終了いたしました。

 

研究発表の方法について

発表形式としては,「口頭発表」と「ポスター発表」を設けます。発表申込の際にどちらかをお選び下さい。プログラム編成の都合上,発表形式を変更させていただく場合があります。

 

口頭発表
講演時間は質疑応答を含めて1人15分を予定しています。Zoomを使用して、発表者のパソコン画面を共有して発表していただく予定です。詳細については後日ご案内します。

ポスター発表

 

SpatialChatで行います。詳細については下記をご覧ください。

 

なお,プログラム編成の都合上,ポスター発表あるいは口頭発表に移動していただく場合もございますので,予めご了承ください。

 

口頭発表について(Zoomの使用方法)

・口頭発表は、Zoom で行います。Zoomはアプリをダウンロードし、最新版にアップデートされることをお勧めします。
・講演時間は 15 分(発表 12 分 + 質疑応答 3 分)です。
・発表に使うソフトは原則“Microsoft PowerPoint”とします。
 ※詳細はこちら(利用不可)のマニュアルをご参照ください。
・各自のパソコンにて画面共有をして発表していただきます。大会1週間前を目処に、希望者にのみ事前に接続テストを行います。
・希望者に限り、発表用スライドを事前に共有して頂くことで、発表に際して通信トラブル等が発生した場合に、実行委員会の方で講演者の指示に沿ってスライドを再生します。
 ※ファイル名は、”O-No_NAME”でお願いします。(例、O-XX_サンゴ礁太.pptx)

 

発表用スライド提出先リンク(閉鎖しました)(*希望者のみ、アップロード期限:11月24日)

 

ポスター発表について(SpatialChatの使用方法)

・ポスター作製は、こちら(利用不可)のポスター例をご参考下さい。
・以下のフォーマットでお願いします。
ポスターサイズ:A0横、フォントサイズ:36pt 以上、保存形式:.jpg、ファイルサイズ:10MB以下、ファイル名:P-No_NAME(例、P-XX_サンゴ礁太.jpg)
※.jpg以外のファイル形式の場合は、掲示の際に解像度が劣化する可能性がありますので予めご了承ください。
※手書き等で作成し撮影された画像を使用する場合には、縦横比3:4(横長)で、画像を小さくしても十分に文字等が読めることをご確認下さい。
・全ての発表用ポスターは、11月20日までに下記リンクへアップロードをお願いします。
※手書き等で作成し撮影された画像を使用する場合には、縦横比3:4(横長)で、画像を小さくしても十分に文字等が読めることをご確認下さい。
SpatialChat URLは大会期間中(11月27日8:00-11月29日23:00)いつでも出入り自由です。
※エントリーの方法や、実際の発表・聴講に関しての詳細は、こちらの日本語版もしくは英語版のマニュアル(いずれも利用不可)をご参照ください。

 

発表用ポスター提出先リンク(閉鎖しました)(*全発表者、アップロード期限:11月20日)

 

SpatialChatでのポスター発表・聴講のイメージ

ポスター発表では、SpatialChatを利用します。発表者の方に提出していただいた”jpg形式”のポスターの掲示を、実行委員会が行います。

ポスター発表会場
・上記掲載のマニュアルに従って、ポスター会場に入室してください。

ポスター会場の様子
(テストのためすべて同じポスターを貼ってありますが、当日はすべて異なるポスターです)

発表者の方は、ご自分のポスターのすぐ下にアイコンをカーソルで移動させて合わせておいて下さい。発表を聞きたい方は、発表者の近くにご自分のアイコンを移動させてください。発表者と会話をすることができます。アイコンが近い方々の会話の声は大きく、離れると小さくなります。発表者から離れ、例えば隣のポスターに行くと、元の発表者の声は聞こえなくなり、隣のポスターの発表者と会話することができます。

聴講者の方は、ポスターをご自分で拡大することができます。ポスターを下見してから、興味のあるポスター発表者に近づいて会話することが可能です。

詳細は、上記掲載のマニュアルをご参照ください。

ポスターを拡大した様子

操作は直感的で非常にわかりやすく、ポスター会場の雰囲気がそのまま再現できているのではと思います。ポスター発表をお楽しみください!

若手優秀発表賞について

35歳以下(発表時)の学会員による口頭発表を対象とした「若手優秀口頭発表賞」および「若手優秀ポスター発表賞」を設けています。本賞にエントリーを希望される方は,webサイトの大会参加申込時にお申し出下さい。なお,過去の大会で受賞された方は対象から除外されますので,予めご了承ください。


今年度より本賞を学生や若手をエンカレッジすることを目的に賞の名前も「学術大会若手発表賞」の名を改め,「学生または年度末(3月末)に30歳以下」の方に引き下げされました。しかし,上記のとおり本件について情報の行き違いにより誤って35歳以下と記載しておりました。深くお詫び申し上げます。

※過去の授賞者はこちら

 
 
PageTop